ホーム > 病院概要 > 病院の概要

病院概要

外観写真

国家公務員共済組合連合会の直営病院として、国家公務員・その家族ならびに地域住民の生涯医療を担う医療施設として、急性期治療を中心に診療を行っています。また、健康管理センターをはじめ、超高齢社会に対応した訪問看護ステーション・指定居託介護支援事業所・介護老人保健施設を開設しています。このように保険・医療・福祉のサービスを総合的に提供できる基幹施設として、また周辺にある施設の支援病院として役割を担っています。

所在地 〒464-8512 愛知県名古屋市千種区千代田橋一丁目1番1号
電話番号 052-711-6131
FAX番号 052-712-0052
アクセス 【電車・バスでお越しの方】
・地下鉄名城線 茶屋ヶ坂駅 2番出口から 徒歩7分
・バス 名古屋市営基幹バス(名古屋駅〜瀬戸方面)の汁谷バス停から徒歩1分
院長 山本  英夫
開設 1954年6月
病床数 166床(一般病棟 120床・地域包括ケア病棟 46床)
診療科目 内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内科、外科、消化器外科、血管外科、整形外科、リウマチ科、泌尿器科、眼科、脳神経外科、皮膚科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科
病院の特徴 急性期の治療を中心として診療しています。内科・外科ともに消化器系疾患の診断と治療に重点を置き、両科それぞれに専門医を配し、内科では消化器疾患の診断と内視鏡的治療に力を発揮しています。外科では消化器疾患を中心に診療を行い、平成3年より開始した腹腔鏡下胆嚢摘出術を初め、消化器癌に対する腹腔鏡下手術にも積極的に取り組んでおり、平成26年4月には内視鏡外科手術センターを開設し、手技の安定と入院期間の短縮のため患者様から大変な高評を得ています。また手術が困難とされている肝臓がん・胆嚢がん・胆管がん・膵がん等の治療も行っています。整形外科は手外科学会基幹研修施設に認定され、手の疾患中心に幅広く整形疾患の診療に励んでおります。下肢静脈瘤・リンパ浮腫・血管センター、泌尿器科、脳神経外科も、他の医師の協力のもと玄人受けする診療を行っております。

東海健康管理センターでは、人間ドック・肺ドック・脳ドックをはじめ、各種健康診断等予防医療にも積極的に取り組んでいます。
併設施設として介護老人保健施設、訪問看護ステーション、指定居宅介護支援事業所を設置し、保健・医療・福祉の複合体の基幹施設として、ニーズに応じたサービスが提供できるよう努めております。

ページの一番上へ