ホーム > 病院概要 > 部署案内 > 1階病棟

1階病棟

病棟の診療科目、入院患者さまの傾向、病棟の特徴を教えてください。

消化器外科、消化器内科、泌尿器科の混合病棟です。胃・大腸などの消化器系や膵胆肝の癌や、イレウス、鼠径ヘルニア、虫垂炎などの外科手術や薬物療法、ESDやERCPなどの内視鏡的治療や消化器疾患の治療、泌尿器科領域の腫瘍や排尿困難、結石に関する手術を初めとした治療をおこなっています。したがって、周手術期の看護はもちろん、術後の化学療法、また終末期までの看護を提供しています。
手術目的での在院日数は短くなっており、入退院も多いのですが、私たちは一瞬一瞬の患者様との関わりを大切にし、一貫した看護が提供できるように心掛けています。
緊急入院や緊急手術には、他部門との連携を図り、非常に良いチームワークによって安全で確実、迅速に対応しています。その一方で、終末期の患者様には身体面だけでなく、精神面への看護も必要であり、患者様やご家族の思いを聴きながらその方に合った対応に努めています。

病棟の雰囲気・スタッフの雰囲気を教えてください。

30歳代が中心の、20歳代〜50歳代からなる幅広い年齢構成で、経験豊富な看護師が多数います。また出産・子育てをしながら頑張っているママさん看護師も多いので、仕事だけでなくプライベートでの様々な相談もできます。
スタッフ間のコミュニケーションが良く、互いに声を掛け合い、相談しながら協力して仕事を行っています。ワークライフバランスを重視して、休暇は希望に合わせて取得できるように配慮しているので、仕事とプライベートなどの時間を有効に活用できます。

看護師長からのメッセージ

新人看護師はこう育てていきたい

まずは看護師という資格に、誇りと自覚を持つことを意識させたい。
そして「こんな看護師になりたい」という思いを尊重しながら、個人のペースに合わせて病棟スタッフみんなで関わり、明るく・楽しく・前向きに一生懸命看護という仕事に向き合うことを考える看護師に育てたい。

将来なってほしい看護師像

常に患者様・ご家族を中心に考え、心に寄り添える思いやりのある優しい看護師になってほしいです。そして、そのために必要な看護実践能力を高めるため、常に目標を持っ て、努力を惜しまない看護師に育ってほしい。

教育のポイントは?

教育委員を中心に、個々の知識・技術に合わせた指導ができるよう、病棟スタッフ間で情報共有し、誰に聞いてもその場で対応できるようにします。
日々忙しくはありますが、、そのための環境作りに配慮し、一人一人の成長を見守りながら、自主性を尊重し、モチベーションを高く持って取り組めるように支援します。

就職・見学を希望されている方へのメッセージ

急性期から終末期まで、幅広い段階の看護が経験でき、看護師としてやりがいのある実りの多い職場です。
忙しい中でも、病棟スタッフみんなで、明るく元気に協力しあいながら仕事しています。

ページの一番上へ