ホーム > 病院概要 > 病院沿革

病院沿革

  昭和29年 6月 非現業共済組合連合会 東海病院設立
  昭和49年 9月 病棟新築(RC3階、一般病床119床、結核病床108床)
  昭和63年 4月 診療棟(RC3階)・整形外科診療棟(S1階)を新築
結核病棟を全廃し、一般病院への転換を図る(一般病床 180床)
  平成 元年 9月 看護婦宿舎新築(RC2階・ワンルームタイプ15室)
  平成 2年 7月 MRI棟新築(RC1階)
  平成 7年 3月 東海健康管理センター新築(RC3階)
  平成 7年 5月 機能訓練棟(RC2階)・高気圧酸素治療室(S1階)を新築
  平成 9年 5月  病棟増築(RC3階)、サービス棟(S1階喫茶・売店・理髪)を新築
  平成11年 9月  木造棟(旧結核病棟)を解体
  平成11年11月 訪問看護ステーション「ちよだ」開設
  平成12年 3月 指定居宅介護支援事業所「ちよだ」開設
  平成12年 8月 介護老人保健施設「ちよだ」(RC3階)を新築、開設
  平成13年 2月 剖検・霊安室新築
  平成14年 2月 防水改修その他工事
  平成17年 7月 管理・車庫・倉庫棟新築
  平成19年 9月 診療棟改修その他工事

ページの一番上へ