ホーム > 看護部案内

看護部案内

 

看護部方針
東海病院憲章及び心構え、国家公務員共済組合連合会の目的を基盤とする。
看護部の理念
私たちは安全で質の高い看護を提供するよう研鑽に努め、柔軟な思考を持ち、倫理に基づいて機敏に行動する。
看護部の目標
誠意・考動・奉仕を基盤に、生命の尊厳と人権を尊重し、安全安心で満足いただける看護を提供できるよう、KoKoRoを込めた患者サービスの徹底に努める。
看護部における
中期目標
@.医療・看護の質向上に貢献する
A.病院が取り組む事業・診療の推進に協力し、経営に貢献する
B.地域連携、組織連携を進める
C.優秀な看護・介護職員の確保と育成を進める
D.明るく働きがいのある職場環境をめざす
目標
@医療評価機構認証の準備に備え、各部署・委員会の看護の質向上を目指した取り組みを推進し、マニュアルを整える
A地域包括ケア病床の運用に協力し、病院の経営方針に沿った活動をする
B地域に根ざした看護を共に行う人材を確保し、外部資源を利用しながら自律的な人材に育成する
C医療安全・防災・新卒育成において、他職種も含めた組織連携を進める
D患者・利用者・私たち相互の評価に耳を傾け、丁寧な言葉遣い・対応をし、適切な職場環境をめざす
取り組んだこと
@.医療安全への関心を高める(マニュアル改訂、インターネット視聴等)
A.防災に関する取り組みを進める(研修受講・マニュアル見直し)
B.経営への関心を高め協力する(亜急性期病床の運用、地域包括ケア病床の準備)
C.人材育成と活用(摂食嚥下困難認定看護師教育課程受講者1名、学研ナーシングサポートの活用、一般及び特定研修への参加、異動)
D.接遇を改善する(新卒の外部講習参加、県の出張講習開催、「患者様ご意見」のふりかえり等) を推進する。
看護部の現状
(平成27年3月末)
@.入院基本料10:1、三交代制
A.看護職員(常勤) 平均年齢 約40歳
 直接入職より、第2、3番目施設として転職者が多い!
  平成25年度退職率 約9.6%
B.有資格(同上)介護支援専門員資格 22名、第一種衛生管理3名、
消化器内視鏡技師9名、その他に呼吸療法士、社会福祉主事、保母・幼稚園教諭、医療事務2級等を持つ看護師がいます。その他業務に関する研修、学習を重ねています。
C.学習支援  看護協会研修や関連学会への参加について、参加費一部負担や参加支援をしています。 自宅でも視聴できるインターネット研修(学研ナーシングサポート)に参加しています。
D.勤務評価制度は常勤職員に関して平成23年度より開始しています。
看護修学資金
「東海病院看護修学資金」制度があります。詳細は総務課に連絡を。 また、当院は「愛知県看護修学資金」の返還債務免除施設(病院200床未満)です。

看護師の活動

@主な年間行事

内容
備考
4月
新入職員・新卒者入職オリエンテーション 緊急時対応、AED、静注業務、医療安全機器・ガス講習会等も開催
看護部集会 前年度総括と今年度の目標
6月
病診連携勉強会参加  
8月
「高校生1日看護師体験」 愛知県主催
ちよだ夏祭り  
10月
連合会共済医学会参加 「患者急変対応」研修も同時開催
11月
名城病院との合同看護師研究発表会 医療安全講習会を同日開催
2月
病院連携症例検討会参加 病診連携協議会を同日開催

A専門的な活動

  • ストマ相談を月2回水曜日午後に開設しています
  • リンパ浮腫療法士の資格を有する看護師が、血管外科外来にいます
  • NST(栄養サポートチーム)には、摂食嚥下困難看護認定看護師、NST専門療法士の資格を有する看護師、その他医療職がチームで関わります
  • 内視鏡室で業務にあたる看護師は、消化器内視鏡技師の資格を有しています

看護学生実習の受け入れ

病院:名古屋市医師会看護専門学校
訪看:愛知県総合看護専門学校
老健:名古屋市中央看護専門学校、トライデント看護専門学校、名古屋大学、名古屋市立大学

ページの一番上へ

募集要項
応募フォーム
お問合せ